【ブルーブルー】ガボッツ90 インプレ

スポンサーリンク
ルアー
スポンサーリンク

さっきYouTubeで水面が割れてシーバスが釣れてる動画見た。

いいよね!!
水面が割れる釣りは!ちなみにおすすめルアーがあるよ

ホントに教えて

了解(`・ω・´)ゞ

ガボッツ90のスペックと特徴

まずはスペックから紹介するね

よろしく

[全長]   90mm
[重さ]   11g
[フック]  #6×2

ガボッツ90は、ポッパーでありながらミノーのアクションを突き詰めた完全水面系のスイミングポッパーです。ほとんど潜らないので様々なシャローや根掛かりが避けられないカキ瀬の直上などで大活躍間違いなしです。

ガボッツ90の唯一欠点が在るとすれば、ルアーの重さからくる飛距離かなと思います。ルアー重量が11gとやや軽めになっています。さらに個人的に投げた感じだとルアーの重心も後方重心ではないと思います。
しかし、この重さとルアーバランスの良さが引き波を立てるナチュラルかつ最適なアクションになっているのだと思います。

また、この飛距離と重さの件に関しては、村岡正憲さんが仕様変更があると動画で仰っていたので改善されるのではないでしょうか。

ガボッツ90の使い方

ガボッツ90の代表的な使い方を3つ深堀していきたいと思います。
また、最後にガボッツ90の自分個人的な使いどころをご紹介したいと思います。

・ただ巻き
ガボッツ90の一番スタンダードな使い方になります。巻くだけで水面を”モコモコ”と泳いでくれます。このただ巻きが一番多用する使い方だと思います。またデットスローでもしかっりとアクションしてくれます。

・ドックウォーク
個人的にはあまり知られていないアクションかなと思います。ロッドをあまり動かさずにシェイクさせると綺麗にドックウォークしてくれます。ルアーをあまり進ませずにアクションさせたい時にとても有効です。

・ポッピング
ガボッツシリーズでこのアクションはとても有名ですね。ブルーブルーさんのタックバトルでこばっちこと小原 暁彦さんがこのポッピングを活用して見事なシーバスを釣りあげていました。男泣き!
ポッピングアクションはシーバスの捕食スイッチを刺激したりできるので、ただ巻きの合間に入れるのがおすすめです。

最後に、自分が個人的に思うガボッツ90の使いどころを紹介してきたいと思います。
ズバリ!それは・・・『流れがあまりなくシーバスの居場所が定まらない』ときです。流れがなくドリフトでルアーが流しきれない時は、少しの流れでもゆっくり流れながらモコモコとアクションしてくれます。ガボッツ90は魚を寄せて喰わせるルアーなので、潮どまりの時や状況がわからない時など先発ルアーで大活躍間違いなしです。

まとめ

ガボッツ90はひつのルアーで色んなアクションがあり状況によって使い分けができとてもいいルアーです。また水面を泳ぐのでいつシーバスが喰ってくるか視覚的にもとてもドキドキして楽しいのでぜひ体感してみてください。

ルアー
スポンサーリンク
シェアする
リュウをフォローする
FUN Fishing 【ファン フィシング】

コメント